PROJECT

現地支援プロジェクト

1

自立・教育支援

弱い立場に置かれた人々に寄り添う

農村女性の手工芸品

ラダックのお母さんたちが主体の現地団体WALと協力し、
女性のエンパワーメントと地域経済の活性化を促進する

ショップの開店を目指します。
観光で女性たちの伝統的な手仕事に「価値」を与え、

女性が社会に貢献しながらも無理なく現金収入を得られる

機会作りを目的としています。
ラダック・コミュニティの中心的役割を担ってきた
女性たち

のエンパワーメントは、経済的な自立を実現しながら

伝統文化を守り、ラダック本来のコミュニティのつながりの

強い社会を残すことに繋がります。

​進捗状況2020年7月

ショップ建設の進捗状況は、二部屋(ショップとカフェ用)の大まかな間取りは出来ています。その他、壁の仕上げ、ドアや窓の取り付けそしてメインのシャッターと電機作業などの最終的な作業が残っていますのでコロナ状況が収まる時に作業再開する予定です。

子ども教育支援

2019年までラダックのレー県内で中心部から最も離れた山岳地帯、トランシンゲラ地域の子どもたちが学校に通うための寄宿舎

Choglamsar Residential Hostelの運営費を支援。

ジュレー・ラダックのスタディツアーなどでは寄宿舎を訪れ

環境問題のワークショップを一緒に行ったり、日本からの参加者と国際交流も行っています。2020年以降は寄宿舎Choglamsar Residential Hostel支援の部分は終了しています。

また、子どもたちの心の教育に力を入れている、サクティ村のマンジュシリ中学校に通う経済困窮家庭の子どもたちに対して奨学金の支援を行っています。奨学金は日本の個人スポンサーの支援によるものです。

最新状況:

2020年以降はラダック内の別の村出身の経済的に弱い立場にいる子供達や青年の教育の為に奨学金支援も行なっています。

スポンサーになりたい方はジュレー・ラダックのメール(julayladakh@gmail.com)までご連絡ください。

 

内容:

子ども一人当たり全体経費の60%支援していただくのですが、子どもの状況によって100%支援していただく事もあります。また、青年の場合は通っている学校によって、金額が違いますのでお申し込み後、ご相談させていただきます。

一人の子供の支援を複数のスポンサーが分けて支援していただくことも出来ます。

例)50400円が100%として、全体の60%が年間3万円(子ども支援費)+6千円(事務費)の計算となります。

 

支援者様には、年に3つの報告があります。

1.子どもからの年賀状

2.子どもからの手紙

3.子どもの年間報告(成績など)

​これらが郵送で送られてきます。

学費内訳(例)
教育費:12,660 ルピー(20,250 円)
入学金:4,800 ルピー(7,680 円)
教材費:2,300 ルピー(3,680 円)
制服代:3,500 ルピー(5,600 円)
スクールバス代:7,490 ルピー(12,000 円)
計)30,750 ルピー(49,210 円)

ご支援の種類:
1スペシャル・スポンサー
一口 36,000 円
マンジュシリ学校に通う子どもが1年間に必要な学費(教育費、スクールバス代、制服購入費、教材費など)のうち約60%にあたる 30,000 円(およそ 19,000 ルピー)をご支援いただきます。

6,000 円はマネージメント費用となります。
お振込みいただいた月より、1年間の支援が始まります。

1 年毎の支援であるため、更新時期が近くなりましたらジュレー・ラダックよりご連絡を差し上げます。
ご支援いただいた皆さまには、支援をしている子どもからの直筆の手紙や絵が届きます。また、子どもたちが充実した学校生活を送れているかがわかるように、マンジュシリ学校から報告書が届きます。

 

2.サポーター
スペシャル・スポンサーが難しいという方は可能な範囲でのご協力をいただけましたら幸いです。皆さまからいただいたご支援は、ジュレー・ラダックが随時支援を必要としている子どもたちに届けます。
10,000 円以上のご支援をいただいた皆様には、支援をしている子どもたちの様子をまとめた「子どもレポート」が届きます。

ご支援の手順:
1.お申込書に必要事項をご記入し、メールへの添付で申込書をご提出ください。
2.ジュレー・ラダックより支援していただく子どもをお知らせいたします。
3.所定の口座へご支援金額をお振込ください。
スペシャル・スポンサーの方はお振込いただいた月より1年間の支援が始まります。
サポーターの方は、随時ご支援を受け付けておりますので引き続き活動をお見守りいただき、ご協力いただけましたら幸いです。
4.5 月〜6 月頃に支援している子どもからの直筆の手紙が届きます。
5.10 月の試験期間後に団体または、学校から子どもの学習状況や学校での様子を記録した報告書が届きます。
6.支援している子どもたちから年賀状が届きます。
7.1 年が経つ頃に、スペシャル・スポンサーの方へご支援の更新の手続きのご案内をいたします。
*ご支援いただいたお金が適切に使われているかは、マンジュシュリ学校卒業生であり、ジュレー・ラダックの現地スタッフであるウルギャン・プンツォックが責任を持ってモニタリングをしますのでご安心ください。
*また、支援者の皆さまがラダックを訪問した際には、ジュレー・ラダックがマンジュシュリ学校への訪問や子どもの家庭訪問などをアレンジ致します。
*ご希望される方は支援する子どもへ手紙を届けることも可能です。

お振込先のご案内
・郵便振替の場合
お近くの郵便局で、窓口に設置してある「払込取扱票」「振替払込請求書兼受領証」をご利用の上お振込みください。恐れ入りますが、その際に通信欄の方に「子どもの未来プロジェクト」とご記入いただきますようよろしくお願いいたします。


口座番号 : 00160-5-259992
加入者名 : 特定非営利活動法人ジュレー・ラダック

・銀行振込の場合
銀行名 : ゆうちょ銀行

店名 : 〇一九店(ゼロイチキユウ店)
預金種目 : 当座
口座番号 : 0259992
口座名義 : 特定非営利活動法人 ジュレー・ラダック
カナ : トクヒ)シ ゙ュレー ラタ ゙ック

 

お問い合わせ先:
何かご不明な点がございましたらお気軽にご相談ください。
特定非営利活動法人 ジュレー・ラダック

TEL: 03-3812-3866 / FAX: 03-3815-7951
住所:〒112-0002 東京都文京区小石川 3-4-14
E-Mail: julayladakh@gmail.com

​コロナの影響がある期間内は、Eメールだけの連絡をお願いします。

 

2

環境・文化保全

自然環境と伝統文化を次世代へ引き継ぐ

そば栽培の復活

 

ラダックの伝統作物であるそばの復活を目指して、

数か所の村において試験的な栽培を実施しています。

そばはラダックの土地に適した作物であり、

その栽培のしやすさや栄養価の高さを広めるために、

中心部でのそばフェスティバルや、

村でのワークショップを行い、

​関心度を高める活動も行っています。 

ソーラー・クッカー支援

支援が届きにくい遠隔地に、太陽光調理器を支援。

2007年からこれまでに、計14ヵ村 213台を

貧困家庭や学校、僧院に届けることができました。

ソーラークッカーは、資源が乏しいラダックにおいて

木や家畜の糞などの貴重な資源を節約することができ、
ラダックに豊富にある太陽光という無料でクリーンな

エネルギーを使うためお金もCO2も発生しません。

受益者にはオーナーシップを持ってもらうために、

導入時にコストの15%を支払ってもらっています。

3

啓発・実践

共に学び、持続可能な社会をつくる

社会環境教育

グローバリゼーションによってラダック社会が急速に

変わりつつある現在、ラダックに適した持続可能な発展を

目指す場づくりとして、社会環境教育を重要な活動として実施しています。

ラダック有識者や各界の代表者、農家、学生、

日本や海外からの参加者を交えながら、

互いの経験を持ち寄り、交流によって智恵を共有する

様々なフォーラムをラダックで開催しています。

 

〒112-0002 東京都文京区小石川3-4-14

Tel : 03-3812-3866
E-mail: julayladakh@gmail.com

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagramの社会のアイコン
  • YouTube

Copyright © JULAY LADAKH All rights reserved.